毛越寺 曲水の宴


c0144683_16281641.jpg

昨日はまた^^高速をとばし
岩手県平泉町 毛越寺<曲水の宴>へ行ってきました。







c0144683_16302163.jpg

毛越寺に来たのは3度目くらいですが、ポスターなどを見るたび
この<曲水の宴>を一度見てみたいと思っていました。
念願かなって奈良・平安時代の貴族の優雅な歌遊びを見ることができ感動でした。






c0144683_16361498.jpg

梅雨の晴れ間のようなお天気でしたが、開演を待つ間広い庭園内を散歩。
深呼吸して気分もリフレッシュ!です。






c0144683_16315192.jpg

そうこうしているうちに雅な平安貴族の衣装をまとった演者の皆さんがお船に乗っておでましに・・・






c0144683_1644133.jpg








c0144683_16451318.jpg

なんといっても艶やかな十二単姿がよくお似合いの美しい女性は注目の的。
せんだい杜の親善大使の方だそうです。





c0144683_16461556.jpg


十二単は20キロくらいあるそうです。
いつになっても女性の憧れです。




c0144683_16494222.jpg

歌会の出番を待つ歌人の方々





c0144683_1650397.jpg






c0144683_176071.jpg





c0144683_1658502.jpg

十二単の女性より今年の歌題『土』とよみあげられ宴のはじまりです。











c0144683_1743844.jpg

雅楽の調べに合わせ延年の舞も披露されました。






c0144683_1773442.jpg

庭園の水路(遣水)に浮かんだ杯(羽觴)が自分の前を流れる前に歌人が即興で和歌を詠む。



c0144683_178319.jpg

一觴一詠。
羽觴の流れに合わせ歌を詠み短冊にしたためる。

歌人のみなさんは歌題『土』にちなんだ和歌を詠まれていました。
優雅な水の流れに筆もなめらかにはこんでおられる様子でした^^



c0144683_1785422.jpg

高貴なお顔立ちの講師の方々が和歌を被講し宴終了です。





c0144683_17282350.jpg






c0144683_17284235.jpg

最後は撮影会♪
約3千人の観光客が見守る中
お役目をこなしたかわいい童子のみなさんもおつかれさまでした^^




c0144683_17291357.jpg

この間のGWの上杉祭りに続き
今回はさらにさかのぼり奈良・平安時代の歴史を感じる旅。
短時間ながらなかなか楽しめました。
今度はどこへ行こうか??
ダーツの旅みたいにしたらおもしろいかもしれません^^



c0144683_1664166.jpg




人気ブログランキングへ
[PR]

by futonya_san | 2009-05-25 19:41 | travel