酒田 ぶらり旅♪

c0144683_1794472.jpg

お盆中の出来事。。。
今度は母を連れてお隣の山形県酒田市<相馬楼>へ・・・






c0144683_1712423.jpg


相馬樓は、江戸時代から続いた酒田の料亭「相馬屋」(国の有形登録文化財建造物)に新しい息吹を加えて修復し、2000(平成12)年3月に「舞娘茶屋 雛藏畫廊 相馬樓」としてオープンした観光施設です。
その名の通り、酒田舞娘の踊りと食事が楽しめるほか、歴史ある雛人形や樓主・新田嘉一所有の円山應擧、富岡鐡齋、竹久夢二の絵画といった超一流の古美術品などが展示されており、港都・酒田の「粋」を集めた「文化のお座敷」になっています。

実は栄華を誇った「相馬屋」ですが、時代の流れに抗しきれず1995(平成7)年に廃業しました。翌年に現樓主(平田牧場グループ)が買い上げ、かつての料亭文化を復活しようと修復を決意・・・。(庄内観光HPより抜粋)

廃業の危機にさらされつつも、今の相馬楼があるのは運良く買い手の方がいたからなんですね・・・。



c0144683_1828484.jpg

雰囲気ある玄関をくぐると、赤いじゅうたんが広がり、
日常とはかけ離れた、豪華絢爛な世界へ・・・♪





館内を順路にそって進み、建物随所にちりばめられた豪華な匠の技や
豪華なお雛様、竹久夢二美術館を堪能したあとは
2階にあるお座敷で、酒田舞妓さんのあでやかな舞を鑑賞しました。


c0144683_18425827.jpg

お座敷に上がると、紅花に彩られた大広間。
半畳の市松模様が素敵です♪

ふとん屋の娘だからというわけではありませんが、
かわいい形のお座布団に目が行きました^^





c0144683_184983.jpg

館内撮影禁止のため、優雅な舞を鑑賞後の撮影タイムにパチリ♪

お盆休み中とあり、
以前行った3月頃(お雛様時期)とはうって変わって
たくさんのお客さんがいました。
去年JRのCMにもなったらしいので、その効果もあるかな?
春先は秘蔵のお雛様が見られるのがいいですが、
夏のほうがお庭の緑がみずみずしかったり、縁側が見られたり、
建物の風流さをより感じられたような気がします。

玄関付近のお土産コーナーには<かまわぬ>のものがおいてあり、
とてもセンスが良いなぁ。と思いました。



c0144683_2012381.jpg





c0144683_20135223.jpg

相馬楼に行く前にお昼ごはんを食べに、
酒田港にある、<海鮮どんや とびしま>



c0144683_20453094.jpg

やはり、ここは予想以上にすごい人!


ここでも、めげずに30分行列に並び(笑)



c0144683_20153662.jpg

名物の海鮮丼をいただきました。
長~い行列に並んだ甲斐があり、(笑)
ほんとにお刺身が新鮮で美味しかったです♪



c0144683_2018384.jpg

やはり暑~い日は、ガリガリ君LOVEです♡



酒田は他にも本間家、山居倉庫、土門拳記念館など
見どころが沢山あるようです。
以前、ひととおりは行ったことがあるのですが、
今回は母のリクエストに応えました^^
踊りを見たりするのが好きな母はとても喜んでおりました。
少しは親孝行できたかな・・・?
今度はゆっくりと美味しいものを食べながら遊びに行きたいです!



人気ブログランキングへ
[PR]

by futonya_san | 2008-08-21 21:44 | travel