~大仙市・おそば 若竹~

c0144683_20401686.jpg

温泉にはいったあとは、やっぱりお蕎麦(・∀・)♬♬
「柵の湯」から車で20分くらい走り、大仙市長野地区(旧中仙町)にある
<おそば 若竹>さんへ♪




c0144683_2229523.jpg
こちらのお店のご主人は東京・「室町砂場」というお蕎麦屋さんで修行し、
その味を秋田に持ち帰り、再現したというお蕎麦屋さんです。


c0144683_23592852.jpg

国産のそば粉やだしの素材にこだわり、
さらにはおいしい地下水を求め、今の場所に落ち着いたそうです。


さてさて、おまちかね^-^
c0144683_22305684.jpg

第一希望の御前蕎麦(更科)が、売り切れとのことで、
『かき揚げもり蕎麦』をいただきました♪

濃い目のつゆに、揚げたてのかき揚入り(小エビ小柱入り)でできました。

お店のご主人によると、これが砂場発祥の『天ざる』の原型だそうです。

注文したもり蕎麦は想像していたより、かなり色が白くて、ビックリ!
おそばは、腰の強さとほのかな甘さがとけ合う二八そばでした。


おそばの量は本当にできたてのおいしいところをさらりといただくスタイルらしく、
他のお客さんたちはだいたい一人、2枚は注文していました。


更科蕎麦はさらにもっと色白でおいしそうでした^^
今度は是非、更科蕎麦をいただいてみたいです^m^



メニューはご覧の通りです。。。
c0144683_22171133.jpg

このほか玉子焼き、茶碗蒸し、わさびかまぼこ、蕎麦ぜんざい
(500~600円くらい。)など、サイドメニューも充実。
(御前蕎麦=白い蕎麦(更科蕎麦)のようです^^)

写真を撮り忘れてしまいましたが、だしのきいた、
ほんのりと甘い玉子焼きもおいしかったです♪



お店のご主人いわく、
「食堂ではないので、お酒をちびちびと飲みながら
こういったメニューをつまむという江戸流の粋なスタイルが
他のおそばやさんと違うところ」
だそうです。

本当にお蕎麦好きのご主人のようで、忙しいながらもお蕎麦について、
親切におしえていただき、うれしかったです。



今回のGWではおいしいスイーツやおいしいお蕎麦屋さんにめぐり合えて
とても充実していたように思えます。
近くに行ったときは、是非また立ち寄りたいです(・∀・)♬♬




c0144683_22313185.jpg
<おそば 若竹>

〒014-0203 秋田県大仙市北長野字道ノ上4-1
TEL / FAX 0187-56-2578

月曜定休。(祭日営業、祭日の翌日休業)





今日もたわいもないお話におつきあいくださり、
ありがとうございます♪
人気ブログランキングに参加しています♪
↓に一票クリック↓していただけますと、
とても励みになります♪
 


c0144683_1750794.gif
[PR]

by futonya_san | 2008-05-11 23:45 | yummy~♪