しあわせランチ・・・@アルケッチャーノ

c0144683_982684.jpg

さて、念願の<アルケッチャーノ>でのランチ・・・^^








c0144683_912850.jpg

イタリア語っぽい店名は庄内弁で「あったよね」の意味だそうです。
先日、BS日テレ「スペシャリテ紀行 皿の上の物語」でも取り上げられていました。

東京修行時代に出会う美味しい食材は偶然にも庄内産のものが多く、
「庄内にはこんなにおいしいものがあったんだ・・・。」
と地元食材のおいしさを再発見してお店をオープンしたそうです。
店内入り口付近にはシェフが自分の足でみつけた
美味しい食材を提供する農家の皆さんの顔ぶれがいっぱい。



c0144683_921123.jpg

なんか、期待できそう・・・^^




c0144683_9213092.jpg

まずはすすめられるままに飲み物をオーダーしてみました。
庄内産のりんご、和梨の100%のジュース。
お砂糖が入っているみたいに甘くておいしかったです。



c0144683_92351.jpg

ぶりのカルパッチョ。

岩塩とオリーブオイルのみの味付け。
だけど新鮮なお魚の甘みが岩塩によって引き出されて美味。



!Σ( ̄□ ̄;)ガーン!!

このあと庄内米・はえぬきの栗と生ハムのリゾットがでたのですが
気持ちが舞い上がり過ぎてしまったようで、どうやら写真撮り忘れた模様;;
(パー子らしからぬ失敗><。残念!!)

程よく芯の残るお米の炊き加減が絶妙で、
ほっくりとした栗ともよくあって美味しかったです。
自分にはちょっと真似できないプロの技を感じました。
これを食べて、わざわざ食べに来た甲斐があったなぁと思いました^^





c0144683_9304717.jpg

つづいてメインのお魚(わたし)
ほうぼうのアクアパッツァ。
トマトの酸味がふっくらとしたお魚とよくあっていました。


c0144683_933795.jpg

オットはお肉
庄内産山伏豚グリル(糸カボチャのピクルス添え?だったと思います)

牛肉みたいに旨みが凝縮された豚肉。
とってもとっても美味しかったです!!

糸カボチャって和風のお漬物のイメージがありましたが
ピクルスにしてもおいしいものなんですね^^


c0144683_9381214.jpg

美味しい自家製フォカッチャはアクアパッツァのだし汁を浸していただきました。




c0144683_9472960.jpg

これは樹熟トマトとバジルのパスタ。




c0144683_93913100.jpg

シェフ自慢の美味しいトマトのパスタです。
このトマトは甘みを十分に引き出すため
ぎりぎりまで樹で熟してから収穫されるそうです。
余計な味付けはいっさいないトマト本来の旨みでいただくパスタ。
ゆで加減も絶妙でこれもとってもおいしかったです。



c0144683_9435392.jpg

デザート(ドルチェ?)は、
キャラメルムース岩塩のアイスクリーム 
(ブラックペッパーはちみつがけ)

キャラメル風味のムースのなめらかでこれまた本当においしかった~。
昨年来たときにも、スイーツがおいしいなぁと思ったのですがやっぱり本物です!


c0144683_13285966.jpg

挽きたて珈琲のほろ苦さともよくあいました。




c0144683_1015975.jpg

奥田シェフの
「美味しくて新鮮な素材があれば余計な味付けはしなくてもおいしい料理ができる。」
というポリシーどおり
全体的に素材の味を生かしたシンプルな味付けだけで
素材の味を引き出し、おいしくてしあわせな記憶に残る料理を生み出す
シェフの腕前はさすがだなぁと感動でした。
何度も遠くから足を運びたくなるお客さんの気持ち、分かりました。





人気ブログランキングへ
[PR]

by futonya_san | 2010-09-29 10:21 | yummy~♪